【アラフォー・40代女性向け】単発の派遣や短期アルバイトのお仕事しかしていなくても、クレジットカードの審査に通るための5つのポイントを解説します!

アラフォー・40代派遣さんへのおススメ情報

こんにちは。

本日は、

アラフォー・40代女性の派遣社員でもクレジットカードが審査を通る5つのポイント

について解説していきたいと思います。

 

アルバイトやパートでもクレジットカードが作れる昨今ですが、派遣社員、特に単発派遣や短期のアルバイトの場合はどうなるのでしょう・・・

 

20代や30代の若い人の場合は、アルバイトや派遣社員でもクレジットカードは作れるかもしれないけど、40歳過ぎてアルバイトや派遣社員だとちょっと難しそう・・・

 

っということで、アラフォー・40代女性の単発の派遣や短期のアルバイトでもクレジットカードの審査を通るためのポイントを調べてみました。

 

この記事は・・・・

  • アラフォー・40代女性の派遣社員だけどクレジットカードが作りたい
  • 単発派遣や短期のバイトでもクレジットカードは作りたい

というアナタに向けての記事となります。

 

派遣社員やアルバイトでもクレジットカードが作れるの?!

これは意外かと思われますが、最近はアルバイトやパートでもクレジットカードが作れます。

 

派遣社員の場合は、どうなるの??

派遣社員も例外にもれず、クレジットカードを作ることができます。

 

 

でも、長期で派遣で働いている人だけでしょ?!

 

 

っと聞こえてきそうですが、派遣元(派遣会社)と派遣先(現場の会社)がしっかりと特定させることで、クレジットカードの審査が通る場合があります。

 

そこで、単発の派遣のお仕事をしている場合でも、クレジットカードを作るための押さえておくポイントをご紹介していきたいと思います。

現場の派遣社員さんたちからも有益な情報も入手しましたので、併せてご紹介していきたいと思います。

 

単発派遣や短期のアルバイトでも、クレジットカードの審査が通るポイント!

単発でしか派遣のお仕事していないけど、クレジットカードが欲しいのよね・・・

確かに、クレジットカードでしか支払いができないものがあったり、税金などもクレジットカードで支払いすることで、ポイントやマイルを貯めている方もいらっしゃいます。

現代社会において、クレジットカードは生活の必需品になってきました。

 

でも、アルバイトや派遣社員でもクレジットカードの審査が通るのは、20代や30代の若い人の話でしょ?!

 

そこで、派遣会社に登録しては数か月の筆者が、アラフォー・40代女性で単発のお仕事が多い派遣社員でもクレジットカードの審査が通るポイント下記にまとめてみました!

 

ポイントは、下記の4つです!

  • カードの申し込み書には、派遣元と派遣先の両方を書く
  • 派遣会社には半年以上は在籍しておく
  • 派遣先(現場)で、ある程度頻繁にお仕事をする
  • 自分の連絡先は、しっかりと書く
  • 「現場は違えど、継続して働いている」という意思表示をする

順番に解説していきたいと思います。

 

カードの申し込み書には、派遣元と派遣先の両方を書く

現在のクレジットカードの申込フォームには、派遣元と派遣先を記入する項目があるクレジットカード会社があります。

 

派遣元:登録している派遣会社
派遣先:派遣会社から紹介されてお仕事をしている現場の会社

 

申し込むカード会社によって、申込フォームは様々ですが、職業の欄に「派遣社員」「派遣・契約社員」という部分がありますので、職業欄に「派遣・契約社員」を選択すると、自動的に派遣元と派遣先の入力フォームが表示されますので、それぞれ入力してください。

 

勤務先会社の記入欄が1つしかない場合は、どうしたらいいの??

 

 

その場合は、派遣元(登録している派遣会社)を勤務先会社として入力してください。

 

複数の派遣会社に登録している場合はどうしたらいいの??

 

 

複数の派遣会社に登録している場合は、直近でお給料を振り込んでもらった派遣会社や在籍期間が長い派遣会社を入力してください。

 

在籍確認の連絡には順番がある?!

クレジットカードの審査の際、その会社にちゃんと在籍して働いているかを確認する、在籍確認の連絡があります。

下記の順番に連絡があります。

  1. 派遣先(現場の会社)
  2. 派遣元(派遣会社)
  3. 申し込み者本人

最初は、現場の会社である派遣先に確認の連絡があります。

これもクレジットカード会社の審査によって変わってきますので、一概には言えません。

単発派遣でのお仕事の場合、現場に電話を取り次いではくれませんし、単発の派遣さんの名前も確認をしてくれることは少ないでしょう。

現場に携帯電話持ち込み禁止のところも少なくありません。

 

2番目に、派遣元である派遣会社に確認の連絡があります。

登録している派遣会社の支店の連絡先を記入します。

直近でお給料を振り込んでくれた派遣会社の方が在籍確認はしやすいのです。

 

3番目の申込者本人への確認は、派遣先・派遣元で確認ができなかった場合に連絡がきます。

申込者本人に連絡が来た場合は、「ちゃんと働いている」という意思表示をするようにしましょう。

カード会社もマニュアルに沿って、審査をしますので、結局は電話をしてきた人を納得させることができれば、クレジットカードの審査をクリアすることが可能性が高くなります。

 

虚偽の入力はNG

大手企業に勤めていることにすれば、クレジットカードの審査も通りやすいよね。

 

 

っということで、1度しかお仕事していないような大手企業を勤務先に記入するのはNGです。

大手企業で働いているように見せた方が、クレジットカードの審査が通りやすいように思えてきます。

勤務先や職業を誤魔化す行為は、立派な犯罪。詐欺行為に当たります。

場合によっては、そのカード会社のクレジットカードが2度と作れなくなる可能性もあります。

ご注意くださいね。

 

派遣会社には半年以上は在籍しておく

派遣会社にも登録したし、クレジットカードの申し込みしちゃおう!

 

 

と思われるかもしれません。

しかしながら、派遣会社に登録したすぐでは、クレジットカードの審査が通らない可能性があります。

派遣会社に登録して半年くらいは、週1回でもいいので、派遣会社から紹介されるお仕事をすることをおススメします。

 

これは2つのメリットがあります。

  1. クレジットカード会社へ支払い能力があると判断される
  2. 派遣会社からも優良社員と判断される

 

クレジットカード会社へ支払い能力があると判断される

クレジットカード会社は、カード発行後の支払い能力を判断します。

支払い能力を判断する基準の一つが、会社への在籍確認なのです。

派遣会社に登録して、半年程度定期的にお仕事をするようになると、派遣元の派遣会社からも覚えてもらえるようになります。

在籍確認もスムーズになるため

 

この申込者は、安定して仕事をしているな。

 

と判断されやすくなります。

 

 

『支払い能力がある=返済能力がある』

ということなので、クレジットカードの審査にクリアしやすくなります。

 

派遣会社からも優良社員と判断される

派遣会社は、依頼があった現場へ人材を派遣することで会社として成り立っています。

勤務態度も真面目で、定期的に仕事をしてくれる派遣社員を派遣会社側も「優良社員」と判断してくれます。

自分が希望する現場や業種へ紹介してくれる頻度も上がってきます。

名前も覚えてもらいやすくなるので、在籍確認もスムーズになります。

 

派遣先(現場)で、ある程度頻繁にお仕事をする

派遣先(現場)によっては、電話の取次ぎをしてくれる現場もあります。

ある程度同じ現場でお仕事することにより、現場の社員さんとも顔見知りになり、リレーションが取れます。

クレジットカードの審査の際の、在籍確認の電話があった場合、審査がスムーズになります。

ただ、派遣先(現場)によっては、在籍確認を受付してくれない場合もありますので、ご注意ください。

 

自分の連絡先は、しっかりと書く

クレジットカード会社毎で審査基準が異なってきますが、派遣先(現場)・派遣元(派遣会社)で在籍確認が取れなかった場合には、申込者本人に確認の連絡が入ります。

その際、連絡が取れなかったりすると、クレジットカードを作るチャンスを失ってしまう可能性があります。

自宅と携帯電話は両方記載するようにしましょう。

 

 

「現場は毎回違えど、継続して働いている」という意思表示をする

派遣先(現場)や派遣元(派遣会社)で在籍確認が取れれば、審査に問題はありません。

しかし、申込者本人にまで確認の電話がある場合、派遣先(現場)や派遣元(派遣会社)で在籍確認が取れなかったということになります。

逆を言えば、申込者本人にまで連絡があるということは、クレジットカード会社もカード発行に前向きな証拠です。

ここで、派遣会社には登録して長いが、現場が毎回同じではないことや現場は違えど、同じ派遣会社で定期的にお仕事をしている旨を伝えることで、審査をクリアする可能性が高くなります。

 

まとめ

今回は、アラフォー・40代女性で単発の派遣のお仕事しかしていなくても、クレジットカードの審査に通るための5つのポイントを解説しました。

ポイントは下記の5つです。

  • カードの申し込み書には、派遣元と派遣先の両方を書く
  • 派遣会社には半年以上は在籍しておく
  • 派遣先(現場)で、ある程度頻繁にお仕事をする
  • 自分の連絡先は、しっかりと書く
  • 「現場は違えど、継続して働いている」という意思表示をする

しかしながら、このポイントを押さえたからと言って、クレジットカードの審査がすべて通るとは限りません。

過去に自己破産や債務整理をした場合は、上記ポイントを押さえてもクレジットカードの審査をクリアすることは難しいでしょう。

ただ、普通にパートやアルバイトをするよりも、派遣会社に登録して、派遣会社を通して働くことにより、「派遣社員」と名乗ることが可能になります。

この「派遣社員」という肩書、クレジットカードを作る際には、かなり使える肩書になります。

アラフォー・40代女性で、これからクレジットカードを作りたい場合、「派遣社員」になっておくことで、審査が通りやすくなる可能性が高くなります。

 

ぜひ参考にしてくださいね^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました