【アラフォー・40代女性向け】発行審査不要!suicaやPASMOのように使えるおススメのプリペイドカードを紹介します。

アラフォー・40代派遣さんへのおススメ情報

こんにちは。

本日は、発行審査不要のsuicaやPASMOのように使えるおススメのプリペイドカードをご紹介したいと思います。

 

アラフォー・40代の女性派遣社員の私たちは、いろんな事情でクレジットカードを作ることが難しかったりします。

銀行口座もこれ以上は、管理できなくなるので、もう増やしたくない。

でもVISAなどのカードは持っておきたい。

そんなあなたにおススメなのが、プリペイドカードです。

 

今回は・・・

  • これ以上銀行口座を開設したくない
  • クレジットカードが作れるか不安
  • クレジットカードは使いすぎが心配
  • VISAなどのカードは持っておきたい

っというアナタにおススメの記事になります。

 

プリペイドカードって??

プリペイドカードとは、事前にカードにお金をチャージして繰り返し使うことができる、クレジットカードやデビットカードに似たカードのことを指します。

 

suicaやPASMOとどう違うの?!

suicaやPASMOには、VISAやJCBなど国際ブランドが付いていません。

もちろん、ついているsuicaやPASMOもあるかもしれませんが、それはクレジットカードだったりします。

 

プリペイドカードは、事前にチャージした金額分しか決済ができないので、使いすぎを防止できます。

 

プリペイドカードを保有するメリットとデメリット

審査不要で作ることができるプリペイドカードですが、クレジットカードやデビットカードとは違ったメリットや、ちょっとだけ不便だと感じるデメリットがあります。

 

プリペイドカードを保有するメリットは下記の3つです。

  • クレジットカードのように使いすぎがない
  • VISAやMastercardなど国際ブランドのカードが持てる
  • 貯蓄用としても利用が可能

 

デメリットは、下記の4つです。

  • 気軽にチャージができない
  • ポイントが付かない
  • 場合によっては維持費がかかる
  • サイトによっては、決済ができない

 

プリペイドカードを保有する3つのメリット

クレジットカードのように使いすぎがない

事前にチャージした金額分しか決済ができないため、使いすぎがない」というのが最大のメリットになります。

海外旅行の時などに大活躍となります。

深夜のネットショッピングでの買いすぎ防止にもなります。

 

VISAやMastercardなど国際ブランドのカードが持てる

suicaやPASMOでも日々の生活には困りはしないけれど、アラフォー・40代となれば、やっぱり財布にVISAやMastercardなどのカードを入れておきたいものです。

デビットカードも一般的になりつつありますので、あからさまにデビットカードとわかるデザインのカードは、ちょっとイヤですよね。

日本国内でのプリペイドカードの認知度は意外と低いので、一見プリペイドカードであることがわからないデザインのカードが多いのです。

 

貯蓄用としても利用が可能

これは裏技的な使い方になりますが、プリペイドカードを貯蓄用に利用することも可能です。

プリペイドカードには、日本国内でも利用できるカードと海外でのみ利用可能なカードを選択することが可能です。

海外のみで利用できるプリペイドカードに毎月入金することで、積立貯金のような役割を果たしてくれます。

ただし、銀行のように金利はつきません。

 

プリペイドカードを保有する4つのデメリット

気軽にチャージができない

suicaやPASMOは、コンビニや駅の無人券売機でチャージが可能ですが、プリペイドカードは、専用の口座に振り込みをしなければチャージになりません。

プリペイドカードによっては、本人以外の人がチャージする場合は、委任状が必要となる場合もあり、ちょっと気軽にチャージすることは難しいですね。

しかし、未成年のお子様や性格上使いすぎが心配な場合は、プリペイドカードの方がいいかもしれません。

 

ポイントが付かない

選ぶプリペイドカードにもよりますが、クレジットカードやデビットカードのように、ポイントやマイルと交換することができないプリペイドカードが多いです。

日々の生活で利用したい場合は、プリペイドカードよりはデビットカードの方が使い勝手がいいですね。

 

 

場合によっては維持費がかかる

プリペイドカードにもよりますが、年会費が必要となる場合があります。

年間で基準額以上をプリペイドカードで決済することで、年会費を免除される場合もあります。

 

サイトによっては、決済ができない

サイトによっては、プリペイドカードでの決済が不可となる場合があります。

しかし、これはプリペイドカードに限ったことではなく、デビットカードでも決済が不可なサイトも多いです。

クレジットカードのみでの決済を求められた場合は、諦めるしかありませんね。

 

プリペイドカードを選ぶポイント

プリペイドカードのメリットとデメリットを踏まえて、プリペイドカードを選ぶポイントをまとめていきたいと思います。

  • 日本国内で利用可能
  • チャージ手数料が無料
  • プリペイドカードの維持費がかからない

 

プリペイドカードを発行している4つの会社を表にしてみました。

マネパカード
Manepa Card
NEOMONEY キャッシュパスポート
JTB MoneyT Global
入会・年会費 無料 無料 無料 無料
年齢制限 15歳以上 13歳以上 無し  13歳以上
チャージの手数料 無料 無料 入金額の1% 無料
国内での使用  可 可(カード選択必要) 不可 不可
国際ブランド マスターカード VISA/UnionPay  マスターカード VISA

 

上記を踏まえて、おススメのプリペイドカードをご紹介したいと思います。

おススメのプリペイドカード

クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】

 

クレディセゾンが発行するプリペイドカード、NEOMONEY

入会金やカード発行手数料、チャージ手数料など、すべてば無料で利用できます。

入会金・年会費 カード発行手数料 チャージ手数料 口座管理手数料
無料 無料 無料 無料

 

カードが届いた日から、すぐに使用することができるので、国際ブランドのカードを持っておきたいという場合におススメです。

NEOMONEY はトラベル用のプリペイドカードになりますが、日本国内で使用する場合には、カード決済手数料は無料です!

国際ブランドをVISAを選択すると、国内外のほとんどで決済が可能になります。

1枚持っておくと便利ですね。

 

まとめ

本日は、発行審査不要でsuicaやPASMOのように使えるおススメのプリペイドカードをご紹介しました。

プリペイドカードを保有するメリットは下記の3つです。

  • クレジットカードのように使いすぎがない
  • VISAやMastercardなど国際ブランドのカードが持てる
  • 貯蓄用としても利用が可能

 

デメリットは、下記の4つです。

  • 気軽にチャージができない
  • ポイントが付かない
  • 場合によっては維持費がかかる
  • サイトによっては、決済ができない

 

3つのメリットと4つのデメリットを考慮して、日本国内で使用することを考えると、クレディセゾンが発行するプリペイドカードである、NEOMONEY がおススメです。

 

プリペイドカードを選ぶ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました